どのくらいの頻度で歯医者で検診を受けるべきでしょうか?

定期的に歯科医で検診を受けることが非常に重要なことは周知の事実です。ですが、どのくらいの頻度でいくのが最適かご存じでしょうか?一般的なガイドラインによると半年に 1 度歯科医で検診を受けるべきだとされています。またある研究は、歯に問題を感じていない方は年に 1 回、何らかの疾患がある方は 3 から 4 か月に 1 回訪れるべきだと指摘しています。この記事では検診を受ける頻度を決定する際に考慮するべきポイントをいくつかご紹介します。

定期健診

定期検診が不可欠だと言われている理由は数多く存在します。定期健診で歯科医は歯の健康をチェックしたり、クリーニングをしたり、見逃されがちな歯の異常にいち早く対応したります。

予防歯科

50 年前までは、人々は既に生じた歯の疾患を治療するために歯科医へ足を運んでいました。今現在、私たちは多くの情報を得ることができ、口腔衛生を維持することの重要性は明らかになっています。検診を受ければ痛みや不快感が生じる前に、問題を発見することも可能です。

クリーニング

徹底的なクリーニングは歯の問題の予防につながるかもしれません。歯が白くなって笑顔に自信が持てるようになるだけでなく、歯垢を除去することもできます。歯垢とは、粘着性のある透明な微生物の薄い膜で、歯垢がたまると虫歯や歯周病を引き起こす可能性があります。除去されないままだと次第に固くなり歯石となり、これを取り除くためには、歯科医は特別な器具を使用しなければなりません。

さらなるケア

突然歯に不快感を感じた場合は歯科医に予約を取る必要があります。知覚過敏であっても痛みであっても、何か症状に気づいた場合はすぐに歯科医に連絡しましょう。自然に治ることを信じて痛みを無視していると、どんどん悪化する恐れがあります。

健康問題

健康状態に変化があった後や病気と診断された後、歯に異常がないかどうか検診を受けることは大切です。歯科医は適切なアドバイスをしたり、経口治療薬を処方したり必要に応じて対応します。

歯科検診へ行く回数を減らしたい場合はどうすればよいでしょうか?

適切な口腔ケアを行うことによって、歯医者に通う回数を減らすことは可能です。歯科医や歯科衛生士は見逃しがちな歯の異常を見つけるための訓練を受けています。仮に毎日 2 回歯を磨き、デンタルフロスを使っていたとしても、定期的に検診を受けることをおすすめします!歯科検診へ行く頻度を減らしたい方は、まず毎日 2 回歯を磨くことを習慣にしてください。さらにデンタルフロス、歯間ブラシまたは口腔洗浄器を使って 1 日 1 回、歯と歯の間の食べかすを取り除くことも重要です。長期にわたって虫歯や歯肉炎などの症状が見られない場合、歯科医が検診の回数を減らすことを提案するかもしれません。

何を基準に歯科医へ行く頻度を決定するべきかおわかりいただけたと思います。しかし、歯科医へ行くことは全体的な健康の改善につながるので、長い目で見ると利点しかありません。しっかりとした口腔ケアを行っている場合、歯科医が定期健診の頻度を減らす提案をする可能性もあります。医師のアドバイスを基に次回の検診予約を取ることは非常に重要です。もし長い間歯科医を訪れていない場合は、今すぐオフィスに携帯メール、電話、またはE メールで連絡をして、半年ごとの検診の予約を取ることをおすすめします。