ホーム>一般のみなさま>噛み合わせの正しい知識と治療法>ヘッドセラピーとは

ヘッドセラピーとは

JSC療法のヘッドセラピーってなに?

JSC療法ヘッドセラピーとは

ヘッドセラピー

頭蓋骨や筋肉を緩めることによって、歪みのある身体を本来のバランスのとれた状態に近づけるための手技のことです。

頭蓋骨の縫合(つなぎ目)を一つ一つ丁寧に緩めていき、同時に筋肉の緊張をほぐしていきます。これによって、アンバランスな状態になっている顎の位置を変化させ、影響を及ぼす噛む際に使われる筋肉の緊張を除き、位置を正していきます。

側頭骨

図1

蝶形骨

図2

また、側頭骨(図1)の位置を正しい方向に誘導し、蝶形骨へアプローチします。蝶形骨(図2)の中央にはトルコ鞍という部位があり、そこにはホルモン分泌を司る脳下垂体があります。側頭骨の位置を正すことで、蝶形骨のズレが改善され、ホルモンの異常放出が原因の体調不良も減ると考えられます。

 

どんな効果があるの?

案内する女性

 

新陳代謝がよくなり、老廃物排出が促進される

頭痛、首痛、肩痛、腰痛、膝痛の軽減

鼻づまり、呼吸減少、だるさ、耳鳴りの軽減

顔の歪み、ほうれい線、筋肉異常の改善

また、小顔効果も期待できます!

好転反応

ヘッドセラピーをすることによって、身体がよくなる前に、一時的に症状がでる可能性があります。これを、好転反応といいます。

全身的な筋肉痛や、風邪の症状、また、頭痛やめまい、耳鳴りなどが一時的に認められることがあります。このような症状は、一般的に発症後1~48時間ほど続いた後、自然に消失します。

 

ページ上部へ