ホーム>噛み合わせマメ知識>症状別解説

症状別解説

顔の歪みはなぜ起こる?レントゲン分析

2017103153123.jpg

No.001 女性31歳

顔の歪みはなぜ起こるのでしょうか?

 写真の患者さんをみてください。

(1)左の口角がキュッと上がっている

(2)左の顎が右よりもシャープ

(3)鼻筋が左に曲がっている

全体的にお顔の左側が緊張しているのが見てわかると思います。

肩も左側が少しだけ上がっていますね。なぜこんな状態になっているのか?

それは噛み合わせが大きく影響しています。 患者さんのレントゲンをみてみましょう。

レントゲンを分析してみましょう

2017103153720.jpg

 

まずは口元のレントゲン(パノラマ)

赤丸がついている部分が下顎頭になります。ここは下顎が動くための関節部分です。(顎関節)

よく見てみると、左側の下顎頭の方が右側よりも太く短く見えませんか?

そして青矢印の部分が下顎枝。下顎の角ばってるところですね。

こちらも右より左が大きいように見えます。 これはどういうことなのか。

この患者さんの場合は左側で噛みしめることが多く、また就寝時も左側の顎関節への圧迫が強いため、左側の下顎頭、下顎枝が発達したと推測できます。

一般的に、顎は噛み合わせの低い方で食物を食べる傾向にあります。これは、低い側がより食べやすい環境にあるからです。

また、噛み合わせの低い側が筋肉がより緊張します。

 

2017103154656.jpg

次に頭蓋骨全体を側面からみたレントゲン(セファロ)

次に頭蓋骨全体を横から見たレントゲンを観察して見ましょう。

どこがおかしいかわかりますか?

このレントゲンからどんな異常を見つけられるでしょうか。

201710612245.jpg

下顎のラインにオレンジの線を引きました。

二本線になっていることはそれだけ左右差があるということです。

そして黄色い線。

こちらも二重の線になっています。

これは上顎が乱れている、ということです。

そして青矢印の部分。

ここは側頭骨の部分ですが、この側頭骨を示す線も二重になっています。

=側頭骨がずれている=蝶形骨がねじれている、のです。

この側頭骨がずれると、頭蓋骨の筋膜が圧迫され緊張し、偏頭痛の原因となります。

また、蝶形骨は脳下垂体と視床下部を支える大事な骨です。

蝶形骨とその周りには大事な神経や血管の通り道が多く、蝶形骨が歪むとそれらを圧迫して様々な不調を引き起こします。

特に蝶形骨が捻れた方は生理不順や生理痛がひどい方が多いです。

噛み合わせの不具合が引き起こすのはお顔の歪みだけではありません。

噛み合わせが悪いということは頭蓋骨、頚椎をも歪めます。そしてやがて全身のバランスは崩れていき、肩こり、腰痛、と様々な症状となって現れます。

こんなひどい状態になる前に、早めに解決できるようにしましょう!!

 

噛み合わせが原因で頭痛になる構造

20161028134345.jpg

ここまでのコラムで噛み合わせが全身に与える影響が少しご理解頂けましたでしょうか?

では少し具体的になぜ、噛み合わせの悪さが頭痛になるのか考えてみます。

この模型のように全部の歯の高さが均一で、上下の歯が合わさる咬合面が床と平行ならば、頭蓋骨もまた歪むことがないのかもしれません。

ですが、皆さんご自分の歯を鏡で見てください。

どこかの歯だけが高かったり低かったり、あるいは、前に出てたり内側に入ってたりしていることと思います。

201610281431.jpg

このように高い歯があると、上下の歯を噛み合わせることで

下顎が歪んでしまいます。

歯が高い方とは逆の下顎頭が上に上がっているのがわかります。

 

2016102814951.jpgのサムネイル画像

下顎頭が上にあがると、その先にある側頭骨という部分が上に押し上げられることになります。

その結果、側頭骨は後方へ回転してしまいます。これだけでも頭痛につながるだろうと想像できます。

さらにこの側頭骨の内側には三半規管があるのです。

とすれば、当然この三半規管にも影響が及びます。その結果、吐き気や頭痛につながるのです。

 

症状別解説「肩こり編」

一般的に考えられる原因

 

・同じ姿勢を続ける

・特定の筋肉ばかりを使い続ける

・血行不良

・末梢神経の損傷

 

噛み合わせの観点から考えられる原因

 

201661614355.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

噛み合わせ不良が原因で側頭骨が後方回転する

 

2016616151828.jpg

 

 

 

 

その力は僧帽筋の緊張となり、筋が後方へ引っ張られる。

 

2016616153134.jpg

 

 

 

頸椎は後方へ回転するため、首は過前弯となる。

 

歯が低い側で、筋肉の引っ張りが強くなり肩関節を引き寄せるため、左右のバランスが崩れる。
 

また、筋肉の引っ張りにより、内部の神経や血圧が刺激、圧迫される。

すると、神経情報や血液の流れが悪くなり、刺激が痛みに変化し、肩こりを感じるようになる。