ホーム>噛み合わせマメ知識

噛み合わせマメ知識

15 咬み合せと頚椎の関係

 

咬み合せが悪い方の大半は、首が曲がっています。

一般的に噛む力は60キロと言われています。その時に、頚椎にかかる力はその4倍で240キロもかかるのです。

ですが、正常な頚椎であれば、頚椎自身の緩やかなカーブと椎間板でその力をうまく吸収し、発散させることができるのです。

咬み合せの悪さから頚椎がゆがんでしまうと、その240キロの力を吸収・発散させることができずにますます歪んでしまうのです。

頚椎の異常には以下のようなものがあります。

2016927165753.jpg

頚椎の歪みは、胸椎・腰椎へ広がり、やがて体全体が歪んでいきます。

体が歪みますと、背骨と臓器をつなぐ神経の伝達もうまくいかなくなり、血液の流れも悪くなるのです。

結果的に頭痛や肩こり、腰痛など様々な症状があれわれるのです。

 

14.不正咬合になる大きな理由 歯ぎしり

20168893416.jpg

 

寝ている時に無意識に行っている歯ぎしりは、ガム噛む時など何十倍もの力がかかっています。その原因としてはストレスであることが多いといわれています。

そのメカニズムとしては、三叉神経といって

    ・涙の分布

    ・咀嚼運動

    ・舌の運動

    ・歯の感覚

などをつかさどる神経が、浅い眠りのときに昼間のストレスなどによって休まず、働くことがあります。脳から顎の神経に指令が出されると、顎の筋肉が緊張して上下の歯がかみ合います。歯が噛み合うと、その刺激が脳に伝わり、さらに脳は噛み締めるように指令を出します。それがさらに強い刺激となって脳に伝わり、ますます強く噛み締めるように指令がでるのです。

このような悪循環によって歯ぎしりが行われるのです。 昼間の何十倍もの力での噛み締めが続くと、噛み合わせ面や対合する面が摩耗したり、歯の根元がぐらついたり、倒れたり押し出されたりして歯並びが崩されるのです。

20168894453.jpg 

 

13.不正咬合になる大きな理由 歯の欠損

2016728104956.jpg

虫歯や歯周病などで抜歯した後に、入れ歯やブリッジと呼ばれる補綴物を入れずに放置してある歯を欠損と言いますが、その状態にしておくことも悪い噛み合わせの原因になります。

歯には、歯根膜反射という性質があります。

この図にもあるように、歯が噛み合う時の刺激は歯根膜から脳に伝わります。噛み合うはずの歯が抜けたままになっていると、歯は常に噛みある刺激を求めて就寝時などに、本来噛み合わないはずの歯と噛み合おうとしているのです。

 

20167281141.jpg

その結果、欠損部分と対合する歯が長く伸びて、欠損部分に食い込んだり(右図)

 

 

201672811433.jpg

欠損部の隣の歯が倒れ込んできたり(右図)することもあります。

 

201672811826.jpg

この状態は、咬合ロック(噛み合う時に引っかかる状態)を招いて

下顎運動の障害になります。

また、噛み合わない場所で歯同士が噛み合おうとする状態が長く続くと、

下顎がずれて最終的に顎の歪みにつながるのです。

 

 

12.不正咬合になる大きな理由 親知らず

現代人では顎骨の未発達が原因で、親知らずが横向きや斜めに生えてしまう場合が多く、奥歯や前歯に応力がかかり歯列が乱れる原因になっています。

そこで、親知らずの抜歯をお勧めしているのです。

親知らずが成長すると、隣の第2大臼歯の根が圧迫され、時には第2大臼歯が抜ける原因になります。

 

また、本来の位置とは違う骨の中にあるため、頭蓋骨に悪い刺激を与え、頭痛や視力の低下を招くこともあります。

11.歯の位置と病気の関係とは?part4

歯と体調不良には大きな関係があって、さらには問題となっている歯と体調不良の部位も密接な関係があることがわかってきています。

第2小臼歯に問題がある場合は、精神的、神経的な不定愁訴疾患を持つ人が多いようです。

身体のバランスの保定にもかかわっています。

20167514358.png

10.歯の位置と病気の関係とは?part3

歯と体調不良には大きな関係があって、さらには問題となっている歯と体調不良の部位も密接な関係があることがわかってきています。

 

第1小臼歯に問題がある場合は、臓器の疾患が多いといいましたが、歯をカチカチとかみ合わせたときに他の歯よりも早く接触する歯があることを早期接触と言います。

正しい噛み合わせの場合は、全ての歯が同時に接触するのです。

 

この早期接触が第1小臼歯の場合は、臓器の中でも循環器系等、とくに心臓疾患を持つことが多いのです。

 

2016628141236.png

09.歯の位置と病気の関係とは?part2

歯と体調不良には大きな関係があって、さらには問題となっている歯と体調不良の部位も密接な関係があることがわかってきています。

 

一般的に第一、第二大臼歯に問題がある場合は、上半身の疾患を持つ方が多くいらっしゃいます。

奥歯なので自分では見えずらい部分ですが、すでに抜歯していてそのまま放置している方や、

他の歯よりも低い方などは頭蓋骨への影響も大きいために上半身の疾患につながりやすいと考えられます。

201662193726.png

症状別解説「肩こり編」

一般的に考えられる原因

 

・同じ姿勢を続ける

・特定の筋肉ばかりを使い続ける

・血行不良

・末梢神経の損傷

 

噛み合わせの観点から考えられる原因

 

201661614355.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

噛み合わせ不良が原因で側頭骨が後方回転する

 

2016616151828.jpg

 

 

 

 

その力は僧帽筋の緊張となり、筋が後方へ引っ張られる。

 

2016616153134.jpg

 

 

 

頸椎は後方へ回転するため、首は過前弯となる。

 

歯が低い側で、筋肉の引っ張りが強くなり肩関節を引き寄せるため、左右のバランスが崩れる。
 

また、筋肉の引っ張りにより、内部の神経や血圧が刺激、圧迫される。

すると、神経情報や血液の流れが悪くなり、刺激が痛みに変化し、肩こりを感じるようになる。

 

08.歯の位置と病気の関係とは?

歯と体調不良には大きな関係があって、さらには問題となっている歯と体調不良の部位も密接な関係があることがわかってきています。

一般的に前歯という中切歯・側切歯・犬歯に問題がある場合は、気道が狭くなる場合が多く、循環器(心臓・血管・リンパ節・リンパ管など)の疾患をもっている人が多いのです。

また、血液の循環が悪くなると、下半身の疾患にもつながります。

201661491238.png

07.噛み合わせを自己チェック

201663105359.jpg

正確な診断は、歯科医院に行って診てもらわなければいけませんが、鏡の前で簡単な自己チェックができます。

皆様もまずはご自分の状態をチェックしてみませんか?

  • 口を大きく開閉します。

チェック1:左右均等に、開いたり、閉じたりできますか?

もし、左右均等でない場合噛み合わせが悪いのかもしれません

  • 耳の穴をふさいで口を大きく開閉してみます

チェック2:何か雑音(カクカク・ジャリジャリ)が聞こえませんか?

もし何か音が聞こえるようでしたら顎関節症の可能性があるかもしれません。

  • 両足を肩幅に開き、左右の足の内側が平行になるように鏡の前に立ち、自分の顔を正面から見ます。

次に目を閉じて力を抜いて30秒ほどそのままで・・・

ゆっくり目を開けます。そのとき頭を動かさないで下さい。

チェック3:頭がどちらかに傾いていませんか?

チェック4:左右の頬骨の高さは一緒ですか?

チェック5:鼻筋が曲がっていませんか?

チェック6:唇が左右対称になっていますか?歪んだりしていませんか?

チェック7:目の大きさ、耳の高さ、口角の位置、これらは左右対称になっていますか?

 

いかがでしたでしょうか?あくまでこれらの自己チェックは参考にすぎませんが、該当するものがあれば、噛み合わせに歪みがあるのかもしれません。

 

次回は「歯の位置と病気が起こる場所には関係がある?」をご説明します。