ホーム>スタッフブログ>歯肉炎と歯槽膿漏はどう違うのでしょうか?

スタッフブログ

スタッフブログ

  • mixiチェック

歯肉炎と歯槽膿漏はどう違うのでしょうか?

■2017/03/27 歯肉炎と歯槽膿漏はどう違うのでしょうか?
皆さん、歯肉炎と歯槽膿漏の違いがわかりますか?

炎症が歯肉でとどまるのが歯肉炎です。
歯肉炎はこの炎症がなくなれば治ります。
歯肉が赤く腫れて歯ブラシなどで刺激すると出血するのがそうなのです。
では、歯槽膿漏はどうでしょうか?

歯槽膿漏は、歯肉だけでなく歯根膜や歯槽骨といった、奥の方まで炎症が及んだものをいいます。
そのため炎症がなくなっても歯槽膿漏は治ったことになりません。
それどころか、そのまま放置しておくと歯が抜けることにもつながるのです。
そもそもの原因は、噛み合わせの悪さから歯周ポケットができ、歯垢がたまったりから始まります。
ひどくなる前に、噛み合わせを治し正しい歯磨きでブラッシングしましょう。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
インターナショナルストマトロジー協会
http://www.kamiawaseonly.jp/
住所:〒331-0047 
埼玉県さいたま市西区指扇3587-5 
TEL:048-622-0251
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ページ上部へ