ホーム>スタッフブログ>病気は1本の歯の異常から始まることがあるのです

スタッフブログ

スタッフブログ

  • mixiチェック

病気は1本の歯の異常から始まることがあるのです

■2017/03/17 病気は1本の歯の異常から始まることがあるのです
虫歯で抜歯した歯をそのままに放置しておいたり、親知らずが斜めから生えたままにしていたり、そんなちょっとしたことから噛み合わせの異常は起こります。さらに、その状態が長期間つづくことで
1背骨が歪む
2神経や血液の流れが阻害
3全身にさまざまな病気や不快な症状がでる
こんな感じに病気になってしまうことがあるのです。
また、さまざまなデータを調べた結果、噛み合わせと病気の間にはとても大きな関連性があることもわかってきたのです。
例えば、前歯に問題がある場合は、腰痛や足の痛み腹部など下半身に疾患が現れることが多く、
逆に奥歯に問題がある場合は、頭部や目・鼻・方・首といった感じで上半身に疾患が現れることが多いようです。
歯の1本くらいという軽い気持ちが大きな病気の原因になり得るのです。
是非、問題のありそうな歯は治療しましょう。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
インターナショナルストマトロジー協会
http://www.kamiawaseonly.jp/
住所:〒331-0047 
埼玉県さいたま市西区指扇3587-5 
TEL:048-622-0251
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ページ上部へ