ホーム>スタッフブログ>虫歯や歯周病で抜歯した歯を放置していてはいけません

スタッフブログ

スタッフブログ

  • mixiチェック

虫歯や歯周病で抜歯した歯を放置していてはいけません

■2017/03/16 虫歯や歯周病で抜歯した歯を放置していてはいけません
虫歯や歯周病などで抜歯した後には、義歯や入れ歯・ブリッジなどと呼ばれる方法で、なくなった歯を補う必要があります。
それをせずに抜けたまま、長期間放置しておくとそこと噛み合うはずの歯に悪影響を与えてしまいます。
例えば、上の奥歯がなくなりそのままにしていたら、下の奥歯が不自然に長く伸びてく食い込んできたり、あいた隣の歯が倒れ込んできたりするのです。
このような原因で噛み合わせが悪くなることで、下顎がずれて全身に影響を及ぼすのです。
1本だけだからと思わずに、ちゃんと治療をすることをお勧めしています。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
インターナショナルストマトロジー協会
http://www.kamiawaseonly.jp/
住所:〒331-0047 
埼玉県さいたま市西区指扇3587-5 
TEL:048-622-0251
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ページ上部へ