ホーム>スタッフブログ>顎がカクカクして変な音がするなどそれは顎関節症のサインかも

スタッフブログ

スタッフブログ

  • mixiチェック

顎がカクカクして変な音がするなどそれは顎関節症のサインかも

■2017/03/13 顎がカクカクして変な音がするなどそれは顎関節症のサインかも
口を大きく開けたり、食事をしている時に顎がカクカクとずれるような感じがしたり、変な音がしたりすることはありませんか?
それは噛み合せの異状からくる「顎関節症」かもしれません。
ひどい時には、痛くて口が大きく開かないという症状がでることもあります。

顎関節症は、永久歯の生え変わる時のトラブルや虫歯、歯槽膿漏や義歯などの不具合だけでなく、顎関節や下顎の筋肉、じん帯などに過度の緊張や連続的な疲労がかかることで引き起こされます。
歯の本数が少なくなったり、顎周辺の筋肉が低下することが原因なので昔は年配者に多く見られたのですが、なんと!最近は中学生や高校生などにも増加しています。
食生活の変化も大きく影響しているのかもしれません。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
インターナショナルストマトロジー協会
http://www.kamiawaseonly.jp/
住所:〒331-0047 
埼玉県さいたま市西区指扇3587-5 
TEL:048-622-0251
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ページ上部へ